離婚準備と養育費の目安-美容家電の高値買取 脱毛器・美顔器を高く買い取りしてもらう方法

TOP →  美容家電の宅配買取 →  離婚準備と養育費の目安

離婚準備と養育費の目安

離婚準備で養育費の問題ははずせません。離婚の際子供が成人していなかったら、「養育費」という費用が出てきますが、養育費とは子供を教育するにあたって必要な費用で、子供が自立するまでの衣食住に必要な費用や、医療費、教育費などが該当します。また、最小限の文化費や娯楽費なども含まれます。
一般的には子供と生活を共にしない方が養育費を支払います。
父母関係なく、子の親権者が受け取ることが出来るんですね。ここで重要なのは、離婚が成立して親権が片親に移行しても、もう片方にも『扶養義務』があるということ。
この扶養義務がある限り、養育費を支払う必要性があるんです。

一般的に以下の項目を元に、夫婦で協議をして離婚前に決めます。
・子供を育てるのにかかる費用
・成長と共にかかる教育費用
・互いの財産や今後の収入を考慮
・経済状況や今後の生活状況を考慮

養育費のほとんどが分割払いですが、まれに一括で支払う人もいます。
協議の際には、「支払日」「支払金額」「支払方法」などを決めます。
日本での平均的な養育費の目安は子供1人に対し2万円から4万円。それぞれの事情により異なりますが、事例がたくさんあるので、専門の方に相談すれば家庭に見合った養育費を算出してくれます。
例えば、「子に障害があり、自立することが出来ない」というケースの場合、平均的な養育費を一生涯支払うという事例がありますし、「自立した時点で支払いは終了する」「20歳まで支払う」など、支払う期間も自由です。
支払う側の社会的地位によっても変わるので、一概に『○○円!』ということが言えないんです。
 

離婚準備
離婚したいと思ったときの離婚準備の手順のまとめです。協議離婚がうまくいかない場合は離婚調停が選択肢になりますが、その手順についても解説しています。